通信料を節約、格安SIMに乗り換えた結果【年収が5万円アップ】

こんにちは、Dienです。

今回は通信料の節約として格安SIMに乗り換えて約1年が経過したので、そのような成果が得られたのかをご紹介したいと思います。

スマホの大手キャリアの通信料って高いですよね。それを格安SIMに変更するだけで大幅な節約をすることに成功しました。

大手キャリアは通信料が高い

大手キャリアの平均月額料金は8000円前後と言われています。年間にすると約10万円です。

どうでしょうか?10万円あったら東南アジアへ旅行に行けちゃいますし、フレンチのフルコースを3回くらい楽しむことができますよね。

贔屓目にサポートが手厚いということを考慮に入れても高いなと感じますし、実際はそれほどサポートを頻繁に利用すること自体ないんじゃないでしょうか。

もちろん、スマホ代を0にすることはできないのでできるだけ節約できる手段を模索していきましょう!

スマホの通信料を下げるなら格安SIMへ乗り換えを

大手キャリアを使用している方は、格安SIMに乗り換えることを強くお勧めします。

私が利用実績のあるリンクスメイトを例に挙げると

データ通信量5ギガで音声通話+SMS込みのプランが月々2100円で利用できます。

これだけで月々5〜6000円の節約が見込めます。年間にすると60000円くらいですね・・・デカイ

グラブルやるならリンクスメイトが断然オススメ

私はグラブルをプレイしていることもあって格安SIMに乗り換えるときにリンクスメイトを選択しました。

リンクスメイトはグラブル特攻MVNOといっても過業ではなく、お得な特典にありつくことができます。その中でも半年に1回もらえるリンクス交換チケットが非常におトクです。

この記事の趣旨からは少し脱線するので、リンクス交換チケットやリンクスメイトの特典についてはまた別記事で。

おいしい特典を得るには通信料10ギガ+カウントフリーオプションというプランにする必要がありますが、それでも税込み4000円ほどです。私はもともと8000円ほど支払っていたので年間約50000円の節約になりました。

格安SIMに乗り換えただけで年収が勝手に5万円上がったことになりますよねw。

通信速度は大手と遜色ありません

格安SIMの事業者であるMVNOは大手の通信回線のインフラを間借りし、それを利用して契約者にデータ通信サービスを提供しています。

そのため、データの通信速度は大手キャリアのものとほぼ同等であることがお分かりいただけると思います。

実際にリンクスメイトを使用してみた実感として、DOCOMOだったときと比べて通信速度は全く落ちていませんでした。(リンクスメイトはDOCOMOの回線を利用しています。)

通信品質が同等で価格が1/2となれば乗り換え得ですね!

違約金を怖がらないで、4ヶ月で相殺

乗り換えを検討したときに大きな障壁となるのが大手キャリアの違約金です。

乗り換えのタイミングによっては大体15000〜20000の違約金を支払うことになりますが、恐れることはありません。すぐに乗り換えればその一時的なマイナスは4ヶ月で相殺できます。

乗り換えずに4ヶ月経つと32000円ですが

違約金を払って乗り換えても15000+4000×4=31000円

4ヶ月でマイナスを相殺し、その後はずっと4000円の節約です。

長期的に見てどちらが得かは言うまでもないと思います。

今すぐ格安SIMに乗り換えよう

いかがでしたでしょうか。

今回はスマホ代の節約として格安SIMへの乗り換えてをご紹介いたしました。

違約金が高くて・・・という声も聞こえてきそうですが、変更後の差額は毎月5000円ですのでこの差をどう捉えるか。

5000円浮いたら積立投資にも回せますし、おいしいディナーを堪能することもできます。

リンクスメイトに限らず、お得な格安SIMはいろいろありますのでご自身にあったところを是非、検討して見てください。

ここまで読んでいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA